What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

菊地幸夫氏を講師に「金融経済講演会in中津」を開催しました
29日)。

 2月9日(木)、中津市立小幡記念図書館において、弁護士の菊地 幸夫氏を講師に「菊地流 魅力的人生のススメ 消費者問題の実態」と題して「金融経済講演会in中津」を開催し、約300名の方々にご参加いただきました。

 菊地弁護士は、振り込め詐欺、オレオレ詐欺、悪質商法などのさまざまな消費者問題についてお話をされました。
 また、クーリングオフについても触れられ、売りつけ商法のように、よく考えることが出来ず余裕のない状況下で契約してしまった場合、8日以内であれば書面で通知をすることで契約をキャンセルすることができる一方、
ショッピング番組や

インターネットで購入したものは、買う意思があって購入しているため、クーリングオフの対象とはならないと解説されました。

 被害にあったり怪しいと思ったときは、2人の人に相談すること。1人目は家族や友人、2人目は冷静な判断ができる消費生活相談センターへ連絡することが重要ですと説明されました。
 お話の中で2つの印象に残る言葉がありました。1つ目は『耳で買うな、目で買え』。これは、人の言葉に惑わされる
ことなく、

自分の目でものを見て価値を見極めて買うこと。

 2つ目は『うまい話はうまくない』。自分で確認できないこと、よくわからないことにお金を出すことは非常に危険なこと。普段は慎重に生活していても欲を出すと冷静な判断ができなくなり、心の弱みに付け込まれる結果になること。
 最後に、“世の中そんなにうまい話はない”と心しておくことが被害にあわない第一歩ではないでしょうか、と締めくくりました。

   
   
 

Copyright 大分県金融広報委員会 2010  ご意見ご感想はこちらまで