What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

丸山晴美氏を講師に「金融経済講演会in大分」を開催しました(2月15日)
 
 215日(木)、大分市コンパルホールにおいて、節約アドバイザーの丸山晴美氏を講師に「夢をかなえる 小さな節約術」と題して「金融経済講演会in大分」を開催し、約210の方々にご参加いただきました。
 
 丸山氏は、「節約とはケチではなく、現在と未来を見据え賢く楽しく暮らすこと」とおっしゃり、そのための節約術をお話してくださいました。
 

 夢や希望を叶えるための手段として、
@ 『夢計画リスト』を作成する。
やるべきこと、やりたいことを思いつく限り紙に書きだす。
それぞれに優先順位をつける。

A 『お金が貯まる仕組み作り』をする。

お金はシンプルに管理することが大切。
 例えば、公共料金など毎月支払うものは口座振替にして現金を手元に置かない、現金管理は基本的に生活費のみとする。

 

B 『無駄の見直し』を行う。
    1か月分のレシートを集め、必要なものを安価で購入し、きちんと使えたものには〇、必要なものだけど、買い方や使い方に問題があったものには△、必要ではなく無駄だったものには×をつけると、簡単に無駄の洗い出しが出来る。

 
 
C 『貯めるための貯蓄』と『使うための貯蓄』に分ける。
 

「貯めるための貯蓄」の貯め方は、毎月先取り(手取り収入の13割、ボーナスで7割が目安)で貯める。
 一方、冠婚葬祭や車検費用などの「使うための貯蓄」はボーナスの3割を目安に先取りで貯め、常に2050万円をキープしておくと安心。

 
D お金が貯まる節約の最大のポイントは‘消費の思考を変えてみる’こと。
   本当に必要かどうか考える。
   安物買いの銭失いをやめる。
   同じお金を出すならどちらが価値があるのか考える。
   無いものを数えるのではなくあるもので済ます
   お出かけ前は炊飯器のタイマーをかける(これをすることで、外出先での食事をしないようになる)。
 

 
E 生活の質を落とさずに見直しをする‘替え活’をする。
   PB商品、節約シャワーヘッド、格安スマホ、電子マネーの利用等。
   ほとんど利息が付かない今だからこそ、クレジットカードやデビットカードなどのポイントをためて賢く利用する。

 
 
F  挫折しない家計管理のテクニックとは。
   何に使ったのか忘れないためにも、15分、決まったタイミングでお財布のチェックする。
   ざっくり家計管理でやりくりする(多少のことは気にしない)。
   残ったお金は「使うための貯蓄」へ回すと貯まっていく楽しみになる。
 
 最後に、「節約とは‘日々の積み重ね’です。節約は、無駄を抑えて生活の質を上げ、より良い生活をするための手段です。幸せな夢をつかむために節約を楽しんでください」と締めくくられました。
 

Copyright 大分県金融広報委員会 2010  ご意見ご感想はこちらまで